contents_title

しみとは

しみが出来てしまう原因

年齢を感じさせるものとして、しみが挙げられます。
皮膚にメラニン色素が沈着することによって出てくる薄い斑点のことです。これがあるのとないのとでは、見た目年齢が大きく変わっていきます。
しみの原因としてよく知られているのが紫外線ですが、それだけがしみの原因ではありません。
紫外線以外にも、様々な事が原因となって色素沈着は起こります。
女性ホルモンの分泌異常や、ストレス・睡眠不足、ニキビや吹き出物などの炎症、加齢ももちろんしみの原因として挙げられますが、一番大きな原因は酸性食品の摂り過ぎです。

 

しみの種類と原因

・肝斑
よく見られるのが肝斑と呼ばれるしみです。肝斑は頬骨や額、目、口の周りに左右対称に現れるしみのことです。色は薄いのですが、広範囲に渡るのではっきりしません。30~40歳以上の女性たちに多く見られ、肌の一番下の層にある細胞によって作られた色素沈着です。女性ホルモンが関係していると言われており、妊娠中などに多く見られるしみです。女性ホルモンとの関連の他に、紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすいという点と、実際に紫外線をあびることが症状の悪化と関連している場合が多いと一般では考えられています。他には、ストレス、睡眠不足、ニキビや吹き出物などの炎症、加齢もしみの原因として挙げられます。
しかし、一般的なしみの原因と同じようにこれも日々の食生活が酸性食品に偏り過ぎ血液や細胞を非常に汚すことにより発生すると当社では考えています。ジャンクフード、甘いもの、パン、乳製品を極力控えましょう。
一般的な治療法としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服やコウジ酸、アルブチン、リノール酸などの美白剤の外用、またはケミカルピーリングが効果的といわれていますが、あまり効果はないようです。この肝斑はフォトフェイシャルやレーザーで取ろうとすると悪化する可能性があるようなので非常にやっかいで注意が必要です。

 

・老人性色素斑
続いて、加齢とともに現れるのが老人性色素斑です。日焼け記憶ジミとも呼ばれています。
こめかみや頬骨の付近にできるしみで、日焼けが原因と言われています。頬などは日光が当たりやすいため、しみができやすい部分です。
日焼けをしてもそのままにした人にできやすく、だんだんと色が濃くなってしまいます。

 

・炎症性色素沈着
紫外線以外でできるしみとして、その他にもニキビや吹き出物などのあとにできるしみが炎症性色素沈着です。
外から受ける刺激に大量のメラニンが発生するのが原因となります。
この傷跡に紫外線を当てると、更に色が濃くなってしまうので、日焼け対策も行うようにしましょう。
このしみは肌のターンオーバーがあれば自然と薄くなってゆくものです。炎症を起こさなければ出来ないしみなので、普段のスキンケアをきちんと行うことが大切です。


紫外線対策をすることだけがしみ対策になるわけではありません。メラニンを生成させるのは活性酸素です。そんな活性酸素の発生を防ぐためにも、気をつけれなければいけないことがあります。それは、酸性食品を極力控えることです。また、肌を傷つけることもしみの原因となるので気をつけるようにしましょう。