contents_title

・基本は保湿

スキンケアの基本は保湿と言われています。
肌が乾燥していると肌のしわやたるみなどの原因となってしまいます。また、肌荒れやニキビなども増えやすくなってしまいます。
紫外線の刺激を受けにくい、肌の角質が潤っていると美白効果がある、キメが整って透明感がでる、などの美肌効果が得られます。

 

・保湿の役割

保湿の重要性

肌には、外部から異物が入り込まないようにバリアの機能が備わっています。細胞同士が密着することによって水などの異物が侵入しないようにしているのです。
そのため化粧水で保湿を行っても、そのままにしておくと中まで浸透せずに蒸発してしまいます。しっかりと肌に定着させる為に、化粧水の後には保湿クリームを塗る必要があるのです。

 

また、肌にはターンオーバーがあり、これが正常に働いていると肌の代謝がよくなり新しい綺麗な肌でいることが出来ます。このターンオーバーを正常にする際にも保湿が大切な役割を持っています。
肌が乾燥していると表面の水分も失われて角質が剥がれにくくなり、皮膚が厚い層になってしまいます。そうなると、ターンオーバーだけでなく、せっかくのスキンケアの成分も浸透しないので意味がなくなってしまいます。

 

更に、皮脂の代わりの役割も保湿で行う事ができます。
熱いお湯で洗顔をしたり、洗顔時に強く肌を擦ったりしてしまうと、必要以上の皮脂が流れ落ちていってしまいます。皮脂がないと肌は乾燥状態になります。そのまま放置をしていると肌のバリア機能が弱くなり、シワやくすみ、ニキビなどの肌トラブルを招きやすくなります。
保湿はこの皮脂の代わりに肌を保護し、バリアの機能を果たしてくれるのです。

 

保湿の重要性

また、ケアを行う時には、温かい手で行うようにしましょう。
皮膚が冷たさを感じると毛穴が閉じてしまいます。美容成分が入り込まなくなってしまうので、毛穴が閉まらないように手を温めてから肌の保湿ケアをしてください。
肌を乾燥から守るだけでも十分な美肌効果があります。
エイジングケアの一環として保湿にも気を配るようにしましょう。